性器ヘルペスの予防、早く治す食べ物ってなに?

性器ヘルペスは、ウイルス感染が原因ですが、体力が低下していたり免疫力が低下していたりすると発症しやすくなるものです。そこで大切になってくるのが食事です。今回は、性器ヘルペスの予防と早く治す効果があるといわれている食べ物について紹介していきます。

性器ヘルペスには「リジン」が効果的


性器ヘルペスを予防するのに効果的だといわれているのが「リジン」という成分です。リジンは必須アミノ酸のひとつであり、タンパク質を構成するのに必要なものです。そのため、リジンを摂取すると免疫力が高まり、性器ヘルペスの予防や症状を改善するのに効果的だといわれているのです。

リジンを多く含んでいる食べ物は?

リジンをはじめ必須アミノ酸は、必要量を体内でつくりだすことが難しい成分です。そのため、食事やサプリメントなどを上手に使って補給する必要があります。リジンを多く含んでいる食べ物は以下のようなものがあります。

魚介類:まぐろ、かつお、ぶり、タラコ、ハマチ、しらすなど

特に、かつお節には多くのリジンが含まれていることが知られているため、お味噌汁にいれたり、豆腐にかけたりして、定期的に摂取することがおすすめです。

豆・大豆類:納豆、きなこ、あずき、湯葉など

中でも湯葉に最も多くリジンが含まれているといいます。湯葉は豆乳を煮たときにできる膜であり、自宅でつくるには難しいですが、スーパーなどでも手にいれることができるため、最近では手軽な食品になりつつあります。

乳製品:牛乳、ヨーグルト、チーズなど

乳製品にもリジンは含まれています。タンパク質も多く含んでいるため、乳製品を食べる習慣のない人は、これから積極的に食べることをおすすめします。

肉類:牛肉、豚肉、鶏肉

最も多く含まれているのは、とりのむね肉や、牛・豚ロースです。

逆に摂取をひかえたほうがいいのは「アルギニン」

アルギニンとは、非必須アミノ酸のひとつです。必須アミノ酸とはちがい、体内でつくられる成分であり、美容効果やアンチエイジング効果も持っています。しかし、アルギニンはヘルペスウイルスを活性させる働きがあるため、過剰摂取には注意が必要です。

リジンとアルギニンのバランスを考えることが大切


しかし、リジンを含んでいる食べ物にはアルギニンも含まれることが多くなっています。そこで気を付けてほしいのが摂取バランスです。理想は、リジン:アルギニン=4:1といわれています。食事だけでリジンの摂取量を補えない場合は、サプリメントなども上手に使ってバランスをとっていくことをおすすめします。

また、美容効果を求めてアルギニンのサプリメントを摂取している人も要注意です。ヘルペスウイルスの実験によると、アルギニンを摂取したことで単純ヘルペスウイルスが増加したという結果も出ています。せっかく、リジンを多く含んでいる食べ物を摂取していても、それ以上にアルギニンを摂取していると、性器ヘルペスウイルスを再発させたり、治りを悪くさせてしまったりする原因になるので注意しておきましょう。

性器ヘルペスを早く治す食べ物のまとめ

性器ヘルペスを早く治したい時や予防を目的に食べ物を気をつけるときに、食べてほしいのは「リジン」を多く含んでいる食べ物です。特に、かつお節や豆腐からつくられている湯葉、乳製品に多くのリジンが含まれています。
また、注意しておいてほしいのはリジンとアルギニンの比率です。アルギニンは、ヘルペスウイルスを活性化させる作用がありますが、リジンを含んでいる食べ物はアルギニンも多く含んでいることがあるのです。サプリメントなども使って、上手にリジンを摂取していきましょう。

そのほか、偏った食生活や不規則な睡眠週間などを改善していくことも大切です。食生活の改善とともに、日常生活の習慣も改善していくようにしましょう。


関連記事