妊娠中に性器ヘルペスを発症。出産への影響はある?

性器ヘルペスは、感染したことで妊娠することに影響を及ぼすことはありませんが、感染する時期によっては胎児にリスクを与えてしまうこともあります。ここでは、妊娠中に性器ヘルペスを発症した場合の出産に与える影響について詳しく紹介していきます。

妊娠中に性器ヘルペスを発症しても出産できる?

妊娠中に性器ヘルペスを発症した場合でも、妊娠の継続・出産は通常通りに行うことが可能です。ウイルス感染による胎児の影響が心配されていますが、ウイルス感染が原因で奇形児などが生まれるということもほとんどありません。ただ、出産時に胎児が産道を通る場合に、赤ちゃんがウイルスに感染してしまうことがあります。

赤ちゃんが性器ヘルペスに感染するリスクが高いと判断された場合は、帝王切開を検討するなどでリスク回避が行われます。

性器ヘルペスが与える胎児への影響は?

妊娠中に性器ヘルペスを発症した場合、妊娠数週によってリスクの大きさが異なります。

妊娠29週目(妊娠8ヶ月と2週間)まで

妊娠後期に入って妊娠29週目までは、妊娠中に性器ヘルペスを発症しても、特に胎児には影響ないといわれています。しかし、稀に垂直感染(経胎盤、上行性)を起こすことがあります。

妊娠30週~妊娠40週目まで

この時期に母親が性器ヘルペスを発症すると、胎児もウイルス感染してしまうおそれがあります。
基本的に胎児は、母親がウイルスに感染した場合でも、母体でつくられた免疫が胎盤を伝って赤ちゃんに移行されるため感染のリスクは低くなっています。しかし、母体でウイルスに対する免疫がつくられ、赤ちゃんに移行するまでにはある程度の期間が必要です。妊娠30週以降では胎児が免疫を母体から受け取る前に出産になってしまうことが多いため、免疫力のない状態で産道を通ることになります。その結果、産道にいるウイルスに感染(産道感染)してしまうリスクが高くなるのです。

妊娠30週~40週の期間で性器ヘルペスを発症し通常分娩で出産した場合は、約30~60%の確率で産道感染が起こり、新生児ヘルペスを発症してしまいます。そのため、この時期に感染した場合は通常分娩ではなく帝王切開となります。

赤ちゃんの性器ヘルペス感染:新生児ヘルペスとは?

新生児が単純ヘルペスウイルスに感染することを新生児ヘルペスといいますが、非常に予後が悪く治療をしなければ約80%の確率で死に至る危険な病気です。

症状によって表在型、中枢神経型、全身型の3つに分類されており、全身型>中枢神経型>表在型順に予後が悪くなっています。特に産道感染をした新生児では、予後の悪い全身型を発症してしまう傾向にあります。

比較的軽症といわれている表在型では、皮膚や口腔、眼に水泡ができるだけですが、中枢神経型になると脳炎を引き起こし、けいれんなどの中枢神経症状がでるほか、神経学的後遺症が残ります。

全身型になると、発熱や哺乳力の低下だけではなく、敗血症様症状や多臓器不全、播種性血管内凝固症候群(DIC)といった重篤な症状を引き起こします。その結果、産後7日目以降を期に症状が悪化して死亡にいたるケースが多くなっています。

妊娠中の性器ヘルペスが出産に与える影響のまとめ

妊娠中の性器ヘルペスは、感染する時期によって出産や胎児に与える影響が大きく異なります。妊娠初期~妊娠29週目までは胎児がウイルスに感染するリスクは低いですが、まれに胎盤をとおしてウイルスが移行し垂直感染を引き起こしてしまうこともあります。しかし、一般的には妊娠・出産は問題なく継続できるようです。

一方、妊娠30週目以降に感染した場合は胎児が性器ヘルペスに感染するリスクが高くなっています。特に通常分娩をした場合は産道を介して感染する確率が30~60%と高くなり、のちに新生児ヘルペスを発症してしまうことになります。大人が性器ヘルペスに感染しても命に別状はありませんが、新生児ヘルペスの場合は非常に予後が悪く死亡にいたるケースも珍しくありません。

そのため、妊娠中に性器ヘルペスに感染した場合は、医師の指示をしっかりと聞き入れ、胎児や新生児の健康を守るためにも出産方法や妊娠管理などを検討するようにしましょう。

※新生児ヘルペスについては、「病気がみえるvol.10 産科|メディックメディア(著書)」P.210を参照


関連記事