口唇ヘルペスが性器にうつるってホント?知っておきたいヘルペスの知識

ヘルペスの発症部位として多いのが唇まわりに出る口唇ヘルペスと性器に出る性器ヘルペスです。両者は原因となるウイルスの型が異なりますが、口唇ヘルペスから性器ヘルペスになってしまうことは、あり得るのでしょうか。ここでは、口唇ヘルペスと性器ヘルペスの関係について、詳しく解説します。

口唇ヘルペスと性器ヘルペスの違いってなに?

ヘルペスは、症状があらわれる部分や原因となるウイルスの型によって、「口唇ヘルペス」と「性器ヘルペス」とに分類されます。では、この2つのヘルペスにはそれぞれどのような特徴があり、どのような違いがあるのでしょうか。

口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルスⅠ型」への感染が原因で発症する病気です。口唇ヘルペスの症状は口唇やその周りを中心にあらわれ、患部が赤く腫れたり、そこに水ぶくれができたりします。
また人によっては、顔面や上半身に症状がでることもあります。

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは、「単純ヘルペスウイルスⅡ型」への感染が原因で発症する病気です。性器ヘルペスの症状は外陰部や膣の入口、亀頭、包皮、陰茎体部を中心にあらわれます。
患部が赤く腫れたり、水ぶくれができたり…といった症状の出かたは、口唇ヘルペスの場合とほぼ同じです。

口唇ヘルペスって性器に感染するの?

口唇ヘルペスと性器ヘルペスとでは、その原因となるウイルスの型が異なります。そうすると、この2つのヘルペスは互いに何の関係もないのではないか、とも思えますよね。
しかし口唇ヘルペスと性器ヘルペスとの間には、密接な関係があります。

というのも性器ヘルペスは、口唇ヘルペスが原因で発症することがあるのです。

口唇ヘルペスから性器ヘルペスに

単純ヘルペスウイルス(Ⅰ型・Ⅱ型)は、直接的・間接的な接触によって感染します。そしてこのウイルスは、Ⅰ型だから上半身にしか感染しない、Ⅱ型だから下半身にしか感染しないというわけではありません。

そのため、口唇ヘルペスができている部分に触れた手で性器を触ると、そこから単純ヘルペスウイルスⅠ型に感染し、性器ヘルペスになってしまうという可能性は十分あり得ます。

以下のような方はウイルスへの感染リスクが高いので、特に注意が必要でしょう。

・アトピーなどの皮膚疾患によって肌が弱っている方
・肌に傷がある(特に性器)
・免疫機能が低下している
・体力が落ちている

口唇ヘルペスを性器に感染させないための対策

口唇ヘルペスを原因とする性器ヘルペスを予防するには、どうすればいいのでしょうか。
上述のように単純ヘルペスウイルスは、これに【接触】することで感染します。そのため口唇ヘルペス・性器ヘルペスを予防するためには、ウイルスへの接触を避ける必要があります。

口唇ヘルペスの症状が出ているときは、以下のような点に気をつけましょう。
・患部に、むやみに触らない
・キス、オーラルセックス、セックスを控える
・患部に触れた手で性器を触らない
・患部に触れた場合は、殺菌作用のある薬用石鹸などでしっかり手を洗う
・自慰行為を控える

単純ヘルペスウイルスは、自家感染(自分で自分にウイルスをうつすこと)することもあります。そのため口唇ヘルペスの症状が出ているときは、他人にはもちろん、自分にもウイルスを感染させてしまわないよう気をつけましょう。

「こんなに気をつけることがあるのか…」と思うと、憂鬱になってきますよね。しかし口唇ヘルペスが性器にうつる可能性があるのは、基本的に、症状が出ている間に限られます。症状がおさまってしまえばウイルスへの感染リスクは低くなりますので、あまり深刻に考える必要はありません。
症状が出ている間のみ、上記のような対策を行ってみてください。

まとめ

口唇ヘルペスは、性器に感染することもあります。パートナーはもちろんご自身を守るためにも、口唇ヘルペスの症状が出ている間はオーラルセックスやセックスなどウイルスに接触するリスクのある行為を控えるようにしましょう。


関連記事