性器ヘルペスに感染するリスクがある性行為とは?

性器ヘルペスの感染経路の中でも特に多い、性行為。では、ヘルペスウイルスへの感染リスクがある性行為とは、具体的にどういうものなのでしょうか。性器ヘルペスを予防するためにも、感染のリスクがある行為について正しく理解しておきましょう。

セックスによる性器ヘルペスへの感染リスク

性器ヘルペスは、性器やその周辺に水ぶくれや潰瘍ができる病気です。そして症状が出ているとき、患部からは大量のウイルスが放出されています。
性器ヘルペスの原因となるウイルスへは直接的、あるいは間接的な接触によって感染しますので、これを避けるためにはまず、性器に接触する行為である「セックス」を控えることが大切です。

症状が出ていないときは安心なのか?

単純ヘルペスウイルスに一度感染すると、体内からこれを完全に消すことができません。たとえ症状が出ていなくても、ウイルスは神経節の奥の方に潜みつづけるのです。
そしてウイルスは、症状がでていなくても体外に出てくることがあります。

そのため体外にウイルスが出てきているタイミングでセックスをすると、症状が出ていなくても感染してしまう可能性があるのです。

単純ヘルペスウイルスは、病み上がりや疲れがたまっているとき、体力や免疫力が低下しているときなどに増殖しやすい傾向にありますので、こういったときは念のため、セックスしないようにした方がいいでしょう。

オーラルセックスでも感染する可能性がある

単純ヘルペスウイルスには、主に口唇ヘルペスの原因となるⅠ型と、主に性器ヘルペスの原因となるⅡ型との2種類がありますが、性器ヘルペスは、Ⅰ型のウイルスによって発症することもあります。

そのため、口唇ヘルペスを発症している人とフェラチオやクンニリングス、リミングといった【オーラルセックス】をすると、それによって性器ヘルペスになってしまう可能性があるのです。

反対に、性器ヘルペスを発症している人とのオーラルセックスによって、口唇ヘルペスになってしまうこともあります。

単純ヘルペスウイルスはそのほとんどが、症状が出ているときに体外へと排出されています。そのため性器ヘルペスや口唇ヘルペスの症状が出ているときは、セックスだけでなくオーラルセックスも控えるようにしましょう。

自家感染にも注意が必要!

上述のように性器ヘルペスは、その主な原因となる単純ヘルペスウイルスⅡ型だけでなく、Ⅰ型のウイルス、つまり口唇ヘルペスから感染・発症することがあります。そしてこのウイルスは、他人からだけでなく「自分から」感染することもあります。

例えばあなたが口唇ヘルペスに感染していて、水ぶくれなどの症状が出ているとしましょう。このとき患部に触れた手で性器を触ると、手に付着したウイルスが性器に感染し、性器ヘルペスになってしまうことがあるのです。

これはまた逆も然りで、性器ヘルペスの症状が出ている部分に触れた手で口唇を触ると、性器ヘルペスのウイルスに感染して口唇ヘルペスになってしまうことがあります。

性器ヘルペス、口唇ヘルペスは共に自家感染する病気ですので、症状が出ている間は患部をむやみに触らないようにしましょう。また患部に触れた後は、薬用石鹸などを使って丁寧に手洗いをし、自家感染を予防することが大切です。

まとめ

性器ヘルペスは、セックスだけでなくオーラルセックスによっても感染することがあります。またこの病気は、自家感染することもあります。性器ヘルペスを予防するため、また、感染の拡大を予防するため、症状が出ている間は自慰行為やオーラルセックスを含む、あらゆる性行為を控えるようにしましょう。


関連記事